更年期障害で使われるホルモン補充薬はピルとは若干違う!

更年期障害は、更年期と呼ばれる時期に起こるさまざまな不快症状のことです。更年期障害の代表的な症状としてホットフラッシュと呼ばれるほてりが起こることがあるほか、生理不順や生理痛の増大、イライラなどを起こし人によっては生活に支障が出るケースもあります。これが起こる原因は、女性の場合には閉経に伴うホルモンの分泌量の低下です。男性の場合には女性とは異なり、起こりにくいものですが更年期障害が存在しないわけではなく男性機能が失われることでも起こる可能性があります。

更年期は閉経の前後5年の期間を指していますが、閉経の時期が平均的には50歳ですから更年期障害が見られるようになるのは40代後半です。ただ、近年は若年性更年期障害というものもあり、20代から30代でも起こりうる可能性のあるものです。

そもそも女性ホルモンは卵巣から分泌されるエストロゲンと、エストロゲンがスイッチとなって卵巣の一部が黄体細胞に変化して分泌されるプロゲステロンがあります。いずれも卵巣が機能することで分泌されるものですが、卵巣は一生をかけて働くものではなく排卵ができなくなるとその機能を失うものです。排卵できる回数は予め決まっており、それを迎えると機能を失います。これによって生理も起こらなくなり、閉経と呼ばれる状態になるものです。ただ閉経はすぐに来るものではなく徐々に機能を低下させていき身体に負担を与えないように行われますが、ホルモンバランスが乱れる原因となり、それが生理不順や生理痛、イライラといった不快症状を発生させます。

更年期障害といっても、それほど症状が出ない人もいますが、中には日常生活に支障が出る人もいるため、その場合は月経困難症と同様に治療の対象となります。治療では低用量ピルが用いられることもありますが、閉経後にはホルモン補充療法が用いられます。ホルモン補充療法に使われる薬はピルで用いられるものと成分は変わりないものです。しかし、違いとしてその配合される女性ホルモンの内容量があります。

避妊を目的とする低用量ピルの場合には、女性ホルモンのエストロゲンが含まれていますが、このエストロゲンは血栓症のリスクを高める副作用があることでも知られます。しかし避妊効果を得るためには一定量のエストロゲンは必要不可欠です。閉経前であれば、低用量ピルで使われるほどのエストロゲンが体内に入っても問題ありませんが、閉経後には低用量ピルでは内容量が大きすぎ、これにより血栓症のリスクが高まります。このためエストロゲンの強さを抑えていくホルモン補充療法に切り替えられます。

いずれにしても、更年期障害では閉経前のホルモンバランスの乱れをホルモンを補充することで安定させ閉経に向けて軟着陸させる治療が行われるものです。