日本でピルが市販薬としてドラッグストアで販売される日は来る?

現在のところ日本ではピルは処方せん薬となっており、ドラッグストアで気軽に購入できるものではありません。基本的には病院で医師の診察を受けて、医師の指導のもとに使用することが求められているものです。特に低用量ピルに関しては継続的に服用するものであり、さらに血栓症などの重大な副作用のリスクが高いものであり、誤った使い方を防ぐためにも世界的に見ても利用には慎重さが求められる薬になります。

その一方で、アフターピルでは事情が異なります。アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれ望まない妊娠を避けるために用いられるものです。利用する理由はさまざまで、コンドームが破れたことによる避妊の失敗や、望まない性行為を強要された場合などがあります。妊娠は発生してしまうと、それを中断させることには母体に対してダメージを与えることになりますが、アフターピルであれば吐き気などの副作用はありますが、成功すれば母体に与えるダメージを最小限にすることが可能です。特にノルレボ錠の登場によって、使い方が72時間以内に1回服用すれば良いというものですから市販薬のように利用することができます。このようなことから海外ではアフターピルはOTC化(市販薬にすること)されている国も多くドラッグストアなどで市販されており、緊急避妊薬として普及しています。

日本でも、アフターピルに関しては病院以外での処方が検討される段階にありますが認知度は低めです。実際のところ日本の医薬品規制は海外と比べて厳しいものであり、それらをクリアするための課題が多いためです。OTC化とはややかけ離れているものですが、日本で検討されているのは遠隔診断を行い処方せんを出して、ドラッグストアや薬局などで手に入れるという方法が検討されており、この場合の課題のひとつが悪用防止で、本人が必ず飲んだことを確認するといったことが必要になる可能性があります。これは病院での処方でも同様であり、厳密な指導によって行われなければならないものです。もっとも確かにアフターピルなど女性ホルモン剤は、誤った使い方をすれば大きな問題を起こさせるので悪用を防ぐためには必要なことですが、望まない妊娠を避けるために行う女性からしてみれば精神的なダメージが大きくなります。

またアフターピルに対する認知度や普及がそれほど進んでいない現状では、OTC化される可能性は小さいものです。ただ厳密な管理のもとにドラッグストアや薬局で手に入れることは将来的に行われる可能性はあります。