落ち込んでいる女性

ピルは経口避妊薬のことで女性が使用することで妊娠しにくい体にするというものです。避妊薬とは言うものの内容としては女性ホルモン剤で用法によって避妊効果を得るものですが、それ以外にも女性ホルモンを安定させる効果から女性特有の病気の治療にも用いられています。一方で、ピルにも種類があるもので、それぞれ目的別にピルを選ぶことが大切です。値段も種類によって変わってくるものですが、毎日服用する低用量ピルであれば28日間1セットが2,000円から3,000円ほどで購入することができます。性行為後に緊急的に利用するアフターピルに関しては数千円程度から1万円程度と値段に大きな違いがあるものです。

ピルには様々な種類があり値段も様々

ひとつにピルといってもさまざまな種類がありますが、目的別に見れば低用量ピルとアフターピルに分類できます。低用量ピルは、定められた用法で服用して事前に避妊をするというものです。従来はピルと言えばこの低用量ピルを指すものでしたが、現在では性行為後に妊娠を阻止するために服用するアフターピルが登場しています。アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれるもので、避妊に失敗したり、それができない状況で性行為が行われた場合に望まない妊娠を避けるために使用するものです。

また、これらに用いられているものは女性ホルモンで、その種類によっても異なります。女性ホルモンとしては、卵胞ホルモンと黄体ホルモンがありますが、卵胞ホルモンに関してはエチニルエストラジオールという合成ホルモンが用いられていますが、黄体ホルモンに関しては複数のものが用いられ、それによって世代という単位で区別されているものです。経口避妊薬の第一世代ではノルエチステロン、第二世代ではレボノルゲストレル、第三世代ではデソゲストレル、第四世代ではドロスピレノンが使用されています。

これらの世代は、あくまでも黄体ホルモンの成分で分類されるもので、新しいものだから優れているというわけではありません。ただ新しいものでは特許の保護期間内であるため、ジェネリックなど後発薬がないので先発薬しか選択肢がないという違いがあります。

値段に関しては、低用量ピルの薬だけの相場として28日を1セットとしているものがほとんどで国内の病院で処方してもらった場合には先発薬で2,000円台から3,000円台で、ジェネリックであれば先発薬の3分の2程度の価格です。実際のところは病院によって、診察料や検査料が掛かりますし、薬代としても価格差が大きいものになります。特に避妊を目的としている場合には健康保険は利用できず全額自己負担です。海外から個人輸入で購入する場合には先発薬であれば国内相場の半分程度、ジェネリックであればさらに安く手に入れることができます。

一方でアフターピルは、極めて効果で先発薬のノルレボ錠であれば国内の病院で処方してもらうには1錠あたり15,000円程度の費用がかかるもので、ジェネリックを用いても1万円近くはかかるものです。ただ海外のジェネリックであれば、10分の1で手に入れることができます。

ピルは病院の処方かネット通販で購入しよう

ピルを手に入れる場合の選択肢は病院の処方か個人輸入代行を用いたネット通販の2つです。国内ではピルは、処方せん薬、つまり病院で医師に診断してもらった上でしか購入することはできません。それに避妊目的の場合には健康保険は適用されませんから、全額自己負担になるため負担の大きいものです。また病院でも費用が変わってくるもので、安価なところであれば、3,000円台で購入することが可能ですが、ちゃんとした検査を行うなどすればそれらの費用がかかるので、割高になります。そして、なにより診察や検査を受ける必要があるため時間が掛かるものです。

安全性を考慮すれば、自身で判断して購入するよりも医師の診察を受けた方が良く、実際に服用しても大丈夫な体質であるか調べることも必要不可欠です。しかし、安全に使用することができる体質であればネット通販で購入するのも手段です。ネット通販のメリットとしては通販で簡単にピルが買えることや、まとめ買いによってより安価に購入することができることが挙げられます。それとアフターピルの場合には、ネット通販で購入するのにメリットがあります。

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれるように望まない妊娠を避けるために緊急に服用しなければなりません。タイムリミットは72時間以内で、120時間以内でも一定の効果は期待できるものですが、はやく服用すればするほど妊娠阻止率は高まります。特に24時間以内であれば、ほぼ妊娠を阻止できるものですから常備しておきたい薬です。しかし、病院では事前に処方してもらうことは難しく、殆どは事後にしか手に入れることができません。このような事から常備しておくものは難しいものです。一部の病院では夜間診療を行っているところもありますが、婦人科の病院や診療所が近くにないような場合には使用するまでに時間が掛かり、妊娠阻止に失敗することも考えられます。このような事態を避けるためにはネット通販で事前に購入しておき常備するという方法があるものです。低用量ピルと比べてアフターピルは、常用するものではないので長期利用による副作用も出にくいものですから、安全性という面でも安心できます。また海外のジェネリックであれば価格そのものも安く、まとめ買いでより安く手に入れることができるのです。

記事一覧
烏龍茶とピルの飲み合わせは良くない!気を付けよう!

食べ物や薬には食べ合わせや飲み合わせというものがあり、同時に体内に入ることで悪影響が出ることもあります。食べ物の場合には、せいぜいお腹を壊す程度で済みますが、薬の場合には効果が増幅されたり薄れたりしますし、それによって副作用を高めたり、肝心の薬の目的を達成することが出来ないといったこともあるものです...

2020年05月21日
ピルやコンドーム以外の避妊方法がある!殺精子剤で妊娠を回避!

望まない妊娠を避けるためにも性行為を行う時には避妊を行うべきもので、避妊として一般的に用いられているのが、コンドームです。これ以外にも女性が行うことで妊娠を避けることができるピルやIUD(子宮内避妊具)があり、また物理的に不能にする不妊手術といったものもあります。これらは医師も認める確実性の高い避妊...

2020年04月13日
ピルを飲み忘れたらどうすればいい?解決案をご紹介!

低用量ピルの場合には、正しく服用することによって避妊効果を得ることができるもので定められた期間、毎日同じ時間帯に服用することが求められます。しかし、何らかの理由に飲み忘れをしてしまうといったこともあり得る話です。この際には慌てず状況を見て対処することが大切です。ピルを飲み忘れた場合の対処方法としては...

2020年02月12日
日本でピルが市販薬としてドラッグストアで販売される日は来る?

現在のところ日本ではピルは処方せん薬となっており、ドラッグストアで気軽に購入できるものではありません。基本的には病院で医師の診察を受けて、医師の指導のもとに使用することが求められているものです。特に低用量ピルに関しては継続的に服用するものであり、さらに血栓症などの重大な副作用のリスクが高いものであり...

2020年03月14日
更年期障害で使われるホルモン補充薬はピルとは若干違う!

更年期障害は、更年期と呼ばれる時期に起こるさまざまな不快症状のことです。更年期障害の代表的な症状としてホットフラッシュと呼ばれるほてりが起こることがあるほか、生理不順や生理痛の増大、イライラなどを起こし人によっては生活に支障が出るケースもあります。これが起こる原因は、女性の場合には閉経に伴うホルモン...

2020年02月27日
ヤーズという低用量ピルは副作用が少ないことで知られている

ピルに使われる黄体ホルモンは4種類あり、そのうちもっとも新しい第四世代にあたるのがドロスピレノンが用いられています。ドロスピレノンはそれまでのものと比べると少量で効果を発揮するため、一緒に配合される卵胞ホルモンのエストロゲンの量を減らすことができます。低用量ピルはエストロゲンの含有量が50μグラム以...

2020年01月27日
トリキュラーという低用量ピルは安くて避妊率が高い!

ピルは経口避妊薬のことを指しますが、実際には女性ホルモン剤であり、これを用法を守って使用することで避妊の効果を得ることができるものです。その一方で女性ホルモン剤は、生理周期を安定させたり、生理痛など生理時の症状を軽減させるという効果もあります。このため、それらの病気に対しても使用されるものです。ピル...

2020年01月08日
ピルにはジェネリック医薬品があるので安く買える!

低用量ピルが登場したのは、1960年代で日本で主流となっているトリキュラーに使われる有効成分のレボノルゲストレルが開発されたのは1960年代末頃です。トリキュラーは承認されたのが1999年で、すでに20年前の薬となっており、このため、特許切れによってジェネリックが発売されています。ジェネリックを利用...

2019年12月26日